1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫実家のマンションは、相場を知らずに初めの不動産会社の評価額通りに売却

実家のマンションは、相場を知らずに初めの不動産会社の評価額通りに売却

暮らし易い環境を考えた末に15年以上暮らしたマンションを売却する事になりました。
2013年頃、マンションには祖母と祖父が暮らしていたのですが、
祖父が亡くなった後に祖母一人が暮らしていました。
高齢の為に足が悪くなり車椅子が欠かせなくなりましたので、
バリアフリーの環境を求めての売却になります。
高齢の為に私が売却を請け負ってくれる業者を探す事になったのですが、
最初はどこにお願いをしていいのか迷っていましたし、
どう動いて良いのか分かりませんでした。
結局は知人に相談をした所、以前にお世話になった信頼できるという業者を紹介して頂き、
全てを任せてお世話になることに致しました。
連絡後に直ぐに来ていただいたのですが、
間取りと総敷地面積を測られ平米数を計算する所から始まりました。
続いて壁紙の汚れ具合も丁寧に見てられましたし、
家具等の裏に発生する日焼け等の状態も確認をされて、
全体的な部屋の状態を調べられていました。
15年以上暮らしていましたので汚れ等も発生をしており、
特に台所の方は油汚れがひどく天井及び壁周りは内装のやり直しが必要だと言われました。
また、一部のフローリングに関しては傷が発生をしており、
研磨で修正が利く部分と、浮き上がっている部分は張替えが必要な箇所に分けられてしまいました。
また、環境の評価ですが8階に位置をしており、
目の前には川が流れていたために建物は無く、
日当りは良好だと判断をされました。
一日で評価の程を出していただいたのですが、
内装のやり直しが必要だったために、その分の工事費が引かれてしまい、
総評価額は1600万円になりました。
自分たちの勝手な想像で2千万ぐらいで売れれば良いと思っていましたが、
少し下回った総額になりました。
マンションができた時に直ぐに購入をしており、
15年が経過をしたマンションでしたので査定額としては妥当なのかは分からないです。
私は不動産の事は何も知らない素人でしたし、
何も分からないので全て業者にお願いをしてしまいましたが、
もしかすると数社に査定のお願いをしていた場合は評価額も違ってきた可能性があるかも知れないです。
色々な業者に見てもらえば良かったと思っています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。